10月13日(水)地域づくりラウンドテーブル@鹿屋、報告①

10月13日 13時30分〜16時15分
第一回、地域づくりラウンドテーブル
「我が町の災害への備えと連携可能な社会資源」

鹿屋にて、地域づくりラウンドテーブルを開催しました。
1、講演「災害時に試される協働による地域力」明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)
2、参加型トークセッション「大隅における災害に備えた社会資源の連携について」

1、講演「災害時に試される協働による地域力」
  明城 徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)

dsc_0087ボランティアや民間NPO・NGOの重要性の認識

東日本大震災の後、ボランティアや民間団体が加わったことにより、災害対策基本法(平成25年6月21日改正)にボランティアという文言が加わった。
東日本大震災では、民間の支援団体ボランティアは子供の支援・まちづくり・保健医療福祉の分野で特に活躍していた。

dsc_0081東日本大震災での課題

たくさんの支援団体が動いたが大きな課題は誰が調整するのか、ということがわからなかった。
行政に行くとボランティアであれば個人の受付しかしてない状態。

民間の支援団体はどこに窓を叩いて良いかがわからないから現場に行くと、いろんなニーズが現場ではあったのでそれぞれの現場で活動した
本当に必要なところで活動できたのではないか、支援の漏れがあったのではないか、もっと大変なことがあったのではないか?がわからなかった。

調整する機関がないのでNGOが調整役を担うが、普段から繋がっていないためうまくいかなかった。

東日本大震災でできたこと

宮城の現地対策本部の中に「ボランティア」の重要テーマとして取り扱われて、NPO・NGOも会議に参加したこと。

重要な事

  • 平時に地域との関係構築をしていかなければ、初動がスムーズに進まない・余計な時間がかかる。
  • 行政だけでの対応は難しいので、様々なセクターとの連携が必要不可欠。文字上の連携は広がっていったが実際の具体的に連携のを進めていくのか、仕組みづくりを各市町村単位で考えていかなければならない。県単位・市町村単位・災害前から考えていかなければいけない。
  • 災害前から、どのような課題があるのか?役割は?専門性があるのか?災害時にはどの役割を担うのか?を各地域で取り組めていくことが大事。

dsc_0112

熊本地震でJVOADがしている事

1、「火の国会議」
(団体同士の連携の場づくり)
オープンな団体同士の連携・情報共有・補い合い

2、県や社協とのNPOとの連携会議
団体同士・市町村同士では解決できない問題や課題を協議。課題解決につなげる。他の民間団体とも共有しており、地元のNPOの中間支援と一緒に行っている。

JVOADの取り組みについてはこちら
http://jvoad.jp/

貴重な講演をいただきました!

「熊本地震とNPOとモノづくり」in 秋葉原

 平成28年度食品リサイクル促進等総合対策事業

「熊本地震とNPOとモノづくり」

熊本地震から半年。震災のあった当日から現地へ入り、フードバンクとして企業からいただいた食品を被災地で支援したフードバンクかごしま。そのときの現地での実情とフードバンクとして対応したことでの新たな問題点などを報告する。また、熊本出身でもあるDMM.make AKIBAプロデューサーの境氏とともに、モノづくりの観点から震災時や緊急時での現地支援やNPO支援ができないかを探る。

  • 日時:20161018日(火)1930分~(開場19時)
  • 場所:DMM.make AKIBA Judge room
  • 定員:20名(事前登録制)
  • 参加費:無料
  • ゲスト:DMM.make AKIBA Producer 境理恵氏
  • MC:アキバ経済新聞副編集長 直井勇人氏
  • 概要:「熊本地震とNPOとモノづくり」
    1、講演「熊本震災支援報告~緊急時のフードバンクと課題」
      講師:原田一世氏(フードバンクかごしま代表)
    2、トークセッション「地域防災とモノづくり」原田氏、境氏、MC直井氏

ゲスト略歴:境理恵氏 熊本県熊本市出身。2008年まで地元熊本にてNTTグループ企業内のデジタル地図システム(GIS)構築事業に携わり、その後リアルなモノづくりの現場を求めて上京、プロダクトデザインモデル製作の道に進む。一眼レフカメラなどの光学機器を中心に、メーカーデザイン部のデザイン検討用モックアップ製作を手掛ける。2014年、DMM.make事業の総合プロデューサー小笠原治氏のもと、ハードウェアスタートアップの拠点となる「モノづくり施設」の立ち上げに参加。同年11月「DMM.make AKIBA」を秋葉原にオープンさせ、現在まで企画運営プロデューサーを務めている。 また、熊本震災時には、起業家の孫泰蔵氏が立ち上げた「alt. Stork」プロジェクトメンバーとして、有志で被災地に物資を届ける活動を行った。

■申込方法
「氏名」「会社名(学校名)」「連絡先」を明記の上、以下までメールもしくは以下サイトより申込をお願いします。
申込URL  http://ptix.co/2dMHVSd

 申込/連絡先
NPO法人フードバンクかごしま
TEL099-226-9298 メール:foodbank@ksnk.org

DSC_0693  DSC_0317-001  DSC_0353 (1)

フードバンクかごしま防災ブックレット作成、若者インターン募集!

フードバンクかごしま防災ブックレット作成、若者インターン募集!
一緒にブックレットを作る仲間を募集します☆(学生以外の若者も大歓迎です!)

ブックレット内容
高校生向け、防災に関わる各関係機関や関係者へのインタビュー記事を編集したもの

  • 募集人数:3〜5名(面接あり)
  • 募集対象
    ・編集業務に興味がある人
    ・ボランティアやNPOに興味がある人
    ・いろいろな人に会いたい人
    ・自己成長したい人
  • 勤務場所:フードバンクかごしま事務所
  • 勤務日数:応相談
  • 交通費:一部支給
  • インターン内容:
    1、各関連機関や関係者へのインタビュー
    (1チーム2~3名程度。インタビュー・記録・撮影)
    2、ブックレットの構成・編集業務  
    3、ブックレット設置場所交渉業務
  • スケジュール
    募集期間:~10月末日  
    説明会:10月11日(火)18時~19時(場所:フードバンクかごしま事務所 )
    インターン期間:11月〜3月までの間で応相談
  • インターンに参加するメリット
    ・インタビューの力が身につく
    ・編集業務が経験できる
    ・コーディネートの力が身につく
    ・就職活動他のための人脈作り

「何かしたい」「挑戦したい」若者募集しています!お気軽にお問い合わせください。
32887 火の島まつり 13081910_637038953110736_791132011_n

お問い合わせはこちらまで。
お問い合わせフォーム

大隅地域の支え合う地域の仕組みづくりを考える

フードバンクかごしまは鹿児島県と「災害にも強い支え合う地域の仕組みづくり」についての事業を行っています。

前年度、県社協さんと行った福祉の事業、今年度起きた熊本地震。福祉と防災をフードバンクの視点から見させていただきました。どちらにも共通して見えてきた課題のキーワードは

「地域」「つながり」「支え合い」

生活困窮者のほとんどが地域との繋がりがなかったり、孤立しているケースがほとんどでした。

緊急時に支え合いの地域であれば助ける・助けられる関係が平時からできて、「共助」の促進にもつながり、助かる命が増えると思います。

どちらの視点で立っても、支え合う地域づくりができていれば、困る人たちが少なくなるのではないでしょうか?

その地域づくりの一つのツールとして「フードバンクかごしま」はなり得るのではないかと思っています。
困窮者支援をしている団体さんがフードバンクの食品を使って困窮者支援することで、信頼関係にもつながります。
いざという時に、被災者にフードバンクの食品を渡すことができます。

10%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%95%e4%bc%9a%e8%ad%b0fb%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

10月13日(木)防災を切り口にそれらのことについて考える会を行います。

第一回、地域づくりラウンドテーブル

  • テーマ :我が町の災害への備えと連携可能な社会資源
  • 参加者 :行政・社協・民間団体・福祉施設
  • 開催場所:県民健康プラザ健康増進センター
    (893-0013 鹿児島県鹿屋市札元1丁目8番7号 )
  • 開催日程:10月13日 13時30分〜16時15分
  • 内容
    ①講演「災害時に試される協働による地域力」明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)
    ②参加型トークセッション「大隅における災害に備えた社会資源の連携について」

    ファシリテーター:永山由高氏(鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab 理事長)
    登壇者:明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)
        岩船昌起氏 (鹿児島大学地域防災教育研究センター特任教授)
        原田一世 (NPO法人フードバンクかごしま 代表理事)

大隅地域のことを考えている皆様多くの方のご参加をお待ちしています。
お問い合わせフォームのページへ

Facebookでもイベントページを立ち上げています。
https://www.facebook.com/events/200979546986024/

a4_tate-omote-%e5%85%a5%e7%a8%bf

a4_tate-ura-%e5%85%a5%e7%a8%bf

 

災害時におけるフードバンク食品の供給等の協力に関する協定締結

2016/09/06
鹿児島県と
「災害時におけるフードバンク食品の供給等の協力に関する協定」
を締結させていただきました。

協定内容
「災害時にフードバンクかごしまが備蓄する食品を避難所や自治体の物資提供拠点施設、車中避難者などへ運ぶ」

民間団体だからこその迅速で柔軟な対応ができると思います。

thumb_dsc_0026_1024

佐々木副知事と代表の原田が調印をさせていただきました。

thumb_dsc_0038_1024佐々木副知事は
「災害時にもニーズはある。一方的にものを送るのではなく、ニーズにあった物資の提供についてのマッチング等の課題について、フードバンクの持っているノウハウも活かせるのでは」
とおっしゃってくださいました。

災害時には平時からの関係性・連携の仕組みがとても大切です。この協定がその仕組みづくりの一つのきっかけにもなれば、と思います。

thumb_dsc_0040_1024メディアの方も大勢来てくださいました。
メディア出演
KTS:みんなのニュース
KKB:スーパーJチャンネル
MBC:ニューズなう
NHK
南日本新聞
朝日新聞

ここに至ったのも、ご支援してくださる皆様のおかげだと思います。 これからも感謝の気持ちを忘れずに、地域に根付いた活動を続けていきます。

熊本支援〜物資提供〜

8月9日(火)

カルビーさんのお菓子などを被災地の方々へ届けるために、熊本へ。
暑い…熱中症になる…。

1件目
災害NGO結さんと連携している災害要援護者支援レスキューアシストさんがいる東区役所秋津町出張所へ。

DSC_0909

そこから災害NGO結さんが取りに来て西原村や嘉島町や支援が届いていないところに届けてくださるそうです。

テントの中には滋賀から75歳のとっても元気なボランティアさんと島根から来た福祉施設職員のボランティアさんもいらっしゃいました。

災害NGO結のFacebookページ
https://www.facebook.com/ngoyui/
災害要援護者支援レスキューアシストのFacebookページ
https://www.facebook.com/rescueassist/?fref=ts

2件目
IKIMASU熊本さんのテントへ。

DSC_0911
この女性のボランティアさんも益城町の方。
物資提供のテントのそばにお家があり、一部損壊。
たまたま宮崎の大学から帰ってきている時に地震にあったそうです。

DSC_0907

益城復興市場・支援屋台村というものができていました。

DSC_0902益城町にはなんども来させていただいていますが、崩壊したお家がまだそのままのところが本当に多いです。
地震が起きた状態のまま時間が止まっているみたいです…。

熊本の現地の支援の方々の手間にならない、被災者の方が自立に向かっていけるような支援をこれからも無理なく、できることは続けていきたいと思います。

IKIMASU熊本Facebookページへ
https://www.facebook.com/ikimasukumamoto/

お茶碗プロジェクト

7月31日(日)

NPO法人 でんでん虫の会さんが主催する「お茶碗プロジェクト」@益城町のテクノ団地仮設住宅

合わせてサロン、というよりも来られた被災者の皆さんとお茶を飲みながら語り合えるような場?の為に茶葉の提供をしてきました。

DSC_0879全国各地からお茶碗が集まってきていました。
陶器・漆器・グラスなど様々なものがありました。中でもみなさんが欲しがっていたのは、急須だったことが意外でした。

DSC_0873テクノ団地の仮設住宅は500戸あり、とても大きな団地です。
最初は入居される方がなかなか決まらない状態が続いていたようですが、この時には、ほぼ全ての住宅が埋まっていたようです。
この日「お茶碗」をもらいにきていた人の数も本当に多かったです。

DSC_0866たくさんのお茶碗たち!
地震でお茶碗類など生活用品失った皆さんとって、本当にありがたいことなんだろうなぁと思いながら、少しだけお手伝いもさせていただきました。

でんでん虫の会さんは、一人暮らしの高齢者や障がい者を支援しています。
おしゃべり会や生活保護の申請同行など、行政や他の団体さんと連携しながら活動をしています。
この「お茶碗プロジェクト」のお手伝いに来ていたスタッフの中にはサポートされている側の方もいらっしゃいました。

いろんな人が支えて・支えられて活動しているんだなぁと改めて感じました。
NPO法人 でんでん虫の会さんのFacebookページへ

熊本地震支援中間報告【5月3日〜7月17日】

DSC_0284

5月3日 (火)
益城町・広安小学校と特別養護老人ホームであるひろやす荘から物資要請。

5月4日 (水)
セカンドハーベスト・ジャパンの4トントラックへ水の積み込み作業。

13151664_981750475205891_6809401868547252360_n

5月5日 (木)
益城町のグランメッセにて、AGFさんの社会貢献活動。
コーヒー提供のお手伝いと現地支援団体の支援活動補助。

5月12日(木)
NGOからの要請で、阿蘇市へ。
罹災証明を取る方へ青空カフェの開催。

熊本支援写真@益城

5月21日(土)
キッズドアさん、ふうどばんく東北AGAINさんより、
メリルリンチ日本証券さんからお米1トンの寄贈。

6月5日 (日)
AGFさんの社会貢献活動コーディネートと補助。
御船町スポーツセンターにてコーヒー提供。

6月6日 (月)
AGFさんの社会貢献活動コーディネートと補助。
益城町・平田上公民館で在宅避難者や避難している方々へのサロンにて。

DSC_0693

6月23日(木)
益城町の現地支援団体「ikimasu 熊本」さんへ物資提供と現地視察。

7月2日  (土)
カルビーさんのお菓子を益城町支援団体へ(コーディネート)

DSC00242

7月3日  (日)
益城町・広安小学校避難所テントにてカルビーさんの食育活動「スナックスクール」

7月17日(日)
鹿児島市宇宿商店街の夏の宴にてブース出展。
熊本地震パネル展示とメッセージ・募金活動。

4月16日〜4月24日の活動内容はこちらから
熊本震災対応について中間報告【4月16日〜4月24日】ページへ

協働事業が始まります。

7月25日(月)

鹿児島県の社会福祉課さんとの協働事業の説明に行かせていただきました。

DSC_0835垂水フェリーに乗って鹿屋市へ。

この日は晴天。桜島もとても綺麗に見えました。

DSC00248

この日集まったのは、大隅4市5町の各担当課の皆さん。

あまり説明の時間がない中で、本当は伝えたい思いもたくさんあったのですが…
全てをお伝えすることはとても難しいです。
しかし、この事業に関わった方々が少しでもメリットがあるような、地域の課題解決が少しでもできるように進めていきたいと思っています。

鹿児島県のHPへ
平成28年度「NPO共生・協働・かごしま推進事業」実施事業一覧

宇宿の宴〜夏〜

いつもお世話になっている宇宿商店街の皆さん。 7月17日は宇宿商店街、「夏の宴〜夏〜」 今年の夏の宴というお祭りにて、ブースを出させていただきました、 今回は熊本地震の被災地の方へのメッセージ集めと、フードバンクかごしまへの募金活動を行いました。

DSC00235宴でブース紹介。
学生チームのリーダーがフードバンクかごしまの説明をしています。リーダーもとても頼り甲斐が出てきて事務局もとても嬉しい思いです。

DSC00229

学生手作りのパネルのくまモンの切り絵?はリーダーが1時間かけて作成したものです。

DSC00239たくさんの人に今回もメッセージを書いていただきました。熊本の被災地の皆様に届けたいと思います。

DSC_0826最後のビンゴ大会では景品もたくさんもらいました☆

学生も楽しみながら活動ができたみたいです。暑いなかでしたが、皆さん本当にお疲れさまでした。学生たちには本当に助けてもらっています。
メッセージを書いてくださった皆様、宇宿商店街振興組合青年部の皆様、ありがとうございました。
宇宿商店街青年部のフェイスブックページへ