1月17日 第2回地域づくりラウンドテーブル報告①

2017_1_17
平成28年度 「災害にも強い支え合う地域の仕組みづくり事業」の一環である「地域づくりラウンドテーブル」の第2回目を開催しました。今回は2名の方に取り組みのご報告をいただき、フードバンクかごしまより備蓄物資についての提案をさせていただきました。

テーマ「我が町は大丈夫?災害への備えと連携可能な社会資源」

  • 開催日程:平成29年1月17日 13時30分〜16時00分
  • 場所:県民健康プラザ健康増進センター(893-0013 鹿児島県鹿屋市札元1丁目8番7号 )
  • 参加者 :行政・社協・民間団体・福祉施設開催 
  • アドバイザー:岩船昌起氏(鹿児島大学地域防災教育研究センター特任教授)

第一部 災害に備えた大隅地域の取り組み

①「顔の見える関係づくり」報告者:山下 聡氏(志布志市社会福祉協議会)

第2回ラウンドテーブル_2018 *ボランティア協働笑談会
社会福祉法人・ボランティア団体・市内のNPO・サロンの悩み・関心・取り組みを共有して、連携や新たな取り組みを促している。

*顔の見える関係づくりの一環としてのサロン活動
高齢者生き生きサロン(市内に61か所)子育てサロン(3か所)

*災害ボランティアセンターの設置運用訓練
災害時のボランティア活動が円滑に進むように年に1回訓練をしている。訓練を通しての顔つなぎの場にもなっている。

*大隅地区社協連協、鹿屋青年会議所及び新大隅青年会議所と災害時の相互協力の協定(平成1227日

*見守り活動の支援(日頃の顔の見える関係づくり)
地区社会福祉協議会見守り協力員の方が声かけ、安否確認・見守り活動を行う
106事業所との見守り協定を結んでいる

 ②「備蓄物資について」提案者:原田 一世(NPO法人 フードバンクかごしま)

第2回ラウンドテーブル_7776*熊本地震の物資についての課題
4月16日に熊本県庁へ物資を運び、4月19日に立ち上がった熊本の「火の国会議」NPONGOのネットワーク会議にも参加した。震災支援の直後、物資は足りていた。
いざという時に置き場所はどうするのか、物資は誰が仕分けるのか、誰がどこに分配するのかが、がという課題が見えた。

*支援の12カテゴリ
平時から自分の役割は12のカテゴリのどこなのかを準備をしておくこと・平時からそのカテゴリの情報を正確に持ち、同じカテゴリ同士が繋がることが大事なのではないか?

*普段からの取り組みが大事
熊本では地震発生の10日後に大量に集まった物資置き場を見つける。
普段から物資の置き場があったほうが良いのか?
どのように分配していくのか?
を一緒に行う場所が必要である。

災害時に連携できるところ、協働できること、フードバンクの通常の活動を結びつけるような形で繋がるような場を作っていきたい。

12のカテゴリ

  1. 炊き出し・食事の提供
  2. .医療・レスキュー
  3. 避難所(在宅避難者含)生活環境の改善
  4. 子ども・子育て世代の支援
  5. 物資配布・輸送
  6. 障がい者や高齢者などの要援護支援
  7. がれき撤去や家屋の清掃
  8. 調査・アセスメント
  9. 団体間のコーディネート
  10. ボランティア派遣・ボランティア支援
  11. 外国人等のマイノリティ支援
  12. 資金助成

③「要配慮者への支援について」報告者:能勢 佳子氏(肝付町地域包括支援センター)

第2回ラウンドテーブル_2899*東日本大震災の支援を通して
大船渡へ3月末に入った時、医療福祉の方々がたくさん入っていたが、スタッフの分配や支援物資について苦労していた様子だった。

高齢者の多くが給水車に集まり、普段の介護予防がいかに大事かを感じた。
小さな子供を抱えている方も要援護者になり得る。
大規模災害になると指定されていない施設に人が寄ってくるが、指定ではないので支援が届きにくい。

*肝付町の地域
肝付町は広い町で集落が点在している。
平野があり、山崩れ、津波、川の災害など様々な災害が起きやすい地域。
16000人住んでおり、高齢化39パーセント。
病院と診療所は町の中にしかない、いざという時に要配慮者を救護できる施設は町の中に固まっている。

*取り組み
福祉避難所自体は二次避難所、災害対策本部の判断になる。
住民力・地域性によって、必要度合いが変わってくる。
福祉避難所は手を上げている6か所、通所系事業所を指定している。
指定を受けていないところは人が寄ってきても、物資が届きにくい。
指定しておくと救援物資が届きやすいというメリットがある。

平成19年から台風の際、ケアマネさんは保険サービスの利用者がどこに避難しているか情報を寄せてくれる。
それによって、消防団がどこに声をかけるべきなのかがすぐにわかるため、業務量の減少と次の対策を立てやすくなっている。

*これから学習が必要。
臨機応変さ、課題の集約、外部スタッフをどう活用するか。
自分たちの町だけではない他のところとどうつながるのか、の学習が必要である。

DSC_1349多くの参加者が、日頃からの顔の見える関係作りや広域的な食料備蓄、要配慮者支援のための 体制作りの必要性について学びを深めました。

第二部へ続く…。

【冬季休業のお知らせ】

12月27日〜1月4日まで冬季休業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

荷物の積荷 DSC00894 704

地域づくりラウンドテーブル「災害への備えと連携可能な社会資源」

今年の4月熊本県で地震が起こりました。

夏には台風16号で垂水の地域や鹿屋市の地域も大きな被害を受けました。

%e8%a2%ab%e7%81%bd%e5%9c%b0%e5%86%99%e7%9c%9f_5495

支援には、様々なセクターの連携が不可欠であり、普段から支援の在り方を話し合っておく必要があります。

第一回の地域づくりラウンドテーブルでは、災害に備えた自助・共助による支え合う地域づくりの必要性について理解を深めました。第二回となる今回は、災害時に直面する課題について取り上げ、その解決策を探ましょう!

詳細ーーーーーーーーー

  • 日 程:1月17日(火)13時30分〜16時00分
  • テーマ:「災害への備えと連携可能な社会資源」
  • 場所:県民健康プラザ健康増進センター(〒893-0013 鹿児島県鹿屋市札元1丁目8番7号)
  • アドバイザー:岩船 昌起氏(鹿児島大学地域防災教育研究センター特任教授)
  • 内容
    第1部「事例の報告」  
    *「顔の見える関係づくりについて」若松 孝弘氏(志布志市社会福祉協議会)   
      志布志市と志布志市社会福祉協議会が連携した住民参画型の防災への取り組みについて紹介
    *「備蓄物資について」原田 一世氏(特定非営利活動法人フードバンクかごしま)   
      大隅地域における災害時の緊急物資の備蓄体制整備について提案
    *「要配慮者への支援について」 能勢 佳子氏(肝付町地域包括支援センター)   
      障がい者や高齢者などの配慮が必要な方々を災害時に受け入れる福祉避難所の指定について、肝付町の取組を紹介  

    第2部「ワールドカフェ」

ーーーーーーーーーーーー

大隅地域のことを考えている皆様多くの方のご参加をお待ちしています。
お問い合わせフォームのページへ

この事業は鹿児島県との協働事業「平成28年度 鹿児島県災害にも強い支え合う地域の仕組みづくり事業」の一環で開催します。

第一回目のラウンドテーブル報告①
http://ksnk.org/2016/10/18/10月13日(水)地域づくりラウンドテーブル@鹿屋/

第二回目のラウンドテーブル報告②
http://ksnk.org/2016/10/18/10月13日(水)地域づくりラウンドテーブル@鹿屋-2/

12/8(水)学生と熊本支援へ

学生と熊本の現地支援をしている災害NGO結さんとのつながりもあって、事務局スタッフ2人・学生3人と直接届けに行ってきました!

まずは西原村の拠点へ

dsc_1243拠点着後、スタッフチームは災害支援ボランティアさんたちの12人分の食事作り。
支援に入る人たちの支援も必要だなぁと思いながら、ある素材だけで工夫しながらスタッフ2人の巧みな連携プレー!

 

dsc_1246スタッフが調理中の間は学生たちは荷物運び!

まだお水の出ない地域もあるそうです。
大量の水を運ぶ作業。

dsc_1247西原村で大工作業補助で菊池市災害支援ネットワークから来たボランティアさんや現地の方々と一緒に
「いただきます」

大津の仮設団地、下田のおじちゃん。(のぼりは下田さんモデルのくまモン)

dsc_1254大津の仮設団地には大津の方と南阿蘇の立野地区といういまだに水も出ない、ゴーストタウンと化した地域の方々が住んでいます。

下田さんは被災者の皆さんに毎日この仮設住宅でコーヒーを出しているとのことです。

「支援される」側から「支援する」側になったことが、きっと生きがいややりがいにつながっているんだろうなぁと思います。

続いて益城町の1番大きなテクノ仮設団地へ。

dsc_1260仮設住宅の一室。
皆さんが自分たちの得意なことを生かして、作品を作っています。たまに売りに出しているようです。

これもまた被災した皆さんの生きがい作り。
それをサポートしているのはやっぱり現地の支援団体さん(すごいなー)

茶葉とメッセージを直接お渡しすることができました。会話の中にも入れていただきました。
(本当、皆さん元気!!)

dsc_1263熊本の支援はまだまだ必要です。
テレビをつければお正月番組、誰かが捕まった、など毎日の出来事が流れてきていますが、熊本の被災されたみなさんの中にはそれによって「置いていかれている」「忘れられている」という感覚に襲われるそうです。

まずは「忘れないこと」
そして自分たちが「何ができるか?」
現地に行けなくても・行かなくてもできる支援を考えていきたいと思います。

一人一人が今、できることを考えて息の細く長い支援をしていきましょう。

◎学生・スタッフの声

15409550_10154054608005849_741117163_o◎復興には息の長い支援が必要で、被災者の視点からニーズを考えるべきだと思いました。

◎これからも鹿児島から出きることを考えたり、この現状や震災を忘れずに鹿児島で震災が起きた時に生かせるように、もっと考えてみようと思う。

s__18645007

◎現地に行き被害や復興の様子を見て、まだまだ熊本地震は過去の話ではないなと改めて実感しました。
また、過去のことにしてしまわないためにも、自分たち一人ひとりが震災を心に留めて、支援を継続していくことが必要だと感じました。

◎隣の県とは思えない現状に、驚かされました。
行政レベルで救済できない部分を見て、いかに支援が大切かということを実感し、ボランティアに興味がある人はたくさんいる中、息の長い支援を続けてもらうにはどうすべきかが今後の課題であるとおもいました。

災害NGO結
http://ngoyui.com/

菊池市災害支援ネットワーク
http://kikuchi-net.jimdo.com/

12/4(日)熊本支援報告@益城町仮設住宅

2016_12_4
仮設住宅には「みんなの家」という集会所があり、皆さんはその集会所で談話をしたり作業しています。

益城町、飯野仮設団地「みんなの家」

dsc_1228今回もAGFさんの社会貢献活動の補助。飯野仮設住宅は飯野小学校のグランドに建てられています。

コーヒー教室。今回もコーヒーの匂いに参加者が続々と集まってきていました。

dsc_1232同日、医療団体の方が健康チェックをしていました。チェックを受けながらおばあちゃんが涙を流していました。起きてしまった出来事やこれからの不安を思い、話をしながら涙を流しているのかな、、、想像でしかないのですが、そんなことを感じながら集会所を後にしました。

続いて、益城町赤井仮設団地へ「みんなの家」へ

dsc_1235どんよりした雨模様で、団地はとても静か。。。

と思いきや、子供たちの元気な声!(あまりにも暴れているので、お母さんにめちゃくちゃ怒られていた…)

dsc_1237コーヒー教室のお手伝いを積極的に行ってくれました。

子供たちがいると雰囲気が本当に穏やかになります。
高齢の方の多い団地の中で、子どもたちの声や笑顔はみんなの癒しでもあると思います。

子どもの笑顔や無邪気な声はキラキラしていて、ありきたりな例えかもしれませんが「太陽のよう」でした。スタッフ、一緒に遊びすぎてヘトヘト。。。縄跳びなんて何十年ぶりに飛んだかな(笑)

12月15日(木)第二回フードバンク説明会@東京

熊本地震から 8 か月。
震災のあった当日から現地へ入り、フードバンクとして、企業からいただいた食品を被災地で支援しました。
そのときの現地での実情を報告するとともに、企業の食品ロス削減によるコスト削減方法や連携手法など、フードバンクかごしまの活動説明会を開催します。

  • 日時:2016 年 12 月 15 日(木)13 時 30 分~ 15 時 30 分
  • 場所:LEAGUE 銀座(東京都中央区銀座 3-11-3
    http://league-ginza.com/access
  • 定員:15 名(事前登録制)
  • 参 加 費:無料
  • 概要:
    1、フードバンクかごしま活動報告(熊本震災支援、食品ロス削減他)
    原田 一世氏(フードバンクかごしま代表)
    ゲスト企業担当者様    
    2、ディスカッション&質疑応答
  • 申込方法:氏名、所属、職業、電話番号、メールアドレス、住所を記載の上、メールか FAX にて連絡ください。
  • 申込み/お問合せ
    NPO 法人フードバンクかごしま
    〒892-0815 鹿児島市易居町 7-2
    電話:099-226-9298
    FAX:099-239-0254(申込専用 FAX)
    メール:foodbank@ksnk.org

◎第一回目の様子
dsc_1098-1企業・行政・他フードバンク団体がお越しくださいました。
フードバンクの役割や食品ロスについて、熊本支援におけるフードバンクかごしまの活動について話をさせていただき、その中で様々な視点からのご意見をいただき、貴重な時間となりました。

11月27日(日)コーヒー教室@益城町

11月27日(日)

AGFさんは社会貢献活動の部署があります。
東日本大震災の以降、AGFさんの社会貢献活動として被災地でコーヒー教室というものを行っています。

普段のお付き合いで食品のやり取りをさせていただいているAGFさん。
この日は益城町の仮設団地でのコーヒー教室を行いとのことでのアシスタントをさせていただきました。

dsc_1213

熊本震災支援ではコーヒーの炊き出しを避難所等では行っていましたが、
コーヒー教室は今日が記念すべき第一回目!!

dsc_1206

益城町小池島田仮設団地の「みんなの家」

7月に出来たばかりの仮設団地の談話室。

「杭が打たれているだけの集会所ですが…」
と自治会長はおっしゃって案内してくださいました。

dsc_1207

この日の参加者は20名程度。

コーヒー豆について、コーヒーの栄養や成分について、コーヒーを飲んでいただきながら学んでいただきました。

「へぇー」「知らなかった!」など参加者の合いの手?も入りながら終始和やかな雰囲気だったように感じます。

AGFさんのHPへ
http://www.agf.co.jp/

dsc_1205益城町はまだまだ崩れたままの家やがれき撤去作業中の場所が多いように感じました。

益城町のはずれにある、この仮設の団地。
高齢の方々が多く、新しくお家を建てることにも迷いもあったり、自分たちの持っている畑もあったり、仮設住宅を出て他のコミュニティや地域に移りたくないという方々がほとんどだと自治会長さんはおっしゃっていました。

仮設を出て、皆さんが自分たちのコミュニティに気持ち良く帰れる、そんな支援が必要なのだと強く感じました。 今回もまた多くのことを学ばせていただきました。

様々な形で、支援に入らせていただけていることにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

第二回地域づくりラウンドテーブルについて

鹿児島県との協働の取り組み「災害にも強い支え合う地域の仕組みづくり事業」

大隅地域における以下のことに取り組んでいます。

  • 拠点づくり
  • 災害時に備えた関係づくりやそのきっかけづくり(地域づくりのラウンドテーブルの開催)
  • 市民一人一人の防災意識の向上(大隅にてイベント開催予定)

第一回ラウンドテーブルを10月13日に開催しました。

次回のラウンドテーブル
11月25日開催予定が、1月に変更になりました。

1回目のラウンドテーブルを受けて、多様な皆様が本当に何かを得て帰る、繋がりを作るにはどうしたら良いか、を再度練り直しています。

dsc_0469日程等、詳細が決まればまたご案内、報告致します。

調整いただいていた、皆様へお詫び申し上げます。

10月28日(金)熊本震災支援報告

①NGO結さんへ物資の提供

NGO結さんの益城町の拠点にお伺いしました。拠点には、広島から、長野から各地から来ているボランティアさんが数名いらっしゃいました。
みなさん、一週間以上、長い方は何ヶ月もその拠点で寝泊まりして、現地の支援に入っていそうです。

dsc_1112結さんは益城町・西原村・阿蘇など様々な地域を支援しています。
この日は西原村を案内していただきました。

西原村も被害が大きい地域です。

赤札が貼られて、崩れているお家の中に取り残された猫がゲージの中にいました。
そこに住んでいた方は、お家には住めないし、仮設住宅にはペットは連れていけないので、泣く泣く猫を置いて家を出たのですが、ペットも家族です、毎日のように様子を見にきて、餌などを与えているようです。

結さんはその方がペットと暮らせるように、仮設の小屋をボランティアさんとお家の真横に作っていました。

dsc_1113また、畑を生き甲斐にしていたおばあちゃんがお家に住めなくなってしまい、仮設住宅や避難所に行くことになってしまったのですが、毎日、畑の手入れをしに来ているそうです。

その団体さんは地域のみなさんが元のコミュニティや地域に戻れるように、そこでまた自立した生活ができるような支援をしていました。

災害NGO結さんのHP
http://ngoyui.com/

「災害は起こってからでは遅いけど、防災は起こる前にできること」とおっしゃいました。

②イキマス熊本さんへ物資提供

dsc_1115

現地の方々が立ち上げた団体です。

どんどん物資や支援は収縮しては行くけど、ハード面もソフト面の支援はまだまだ必要、とのことです。

物資も誰でもではなく、支援に依存しないように、また栄養が偏らないように、地域の経済も回るように、物資の提供をしています。

仮設住宅に入ったはいいけど、元のコミュニティには戻れないストレス、これからの生活のストレス、瓦礫の撤去、様々な面で支援が必要なことが本当によくわかりました。

そして「自分たちに起きたことを忘れないでほしい」とおっしゃっていました。

イキマス熊本さんオフィシャルHP
http://ikimasu-kumamoto.org/

dsc_111810月28日の時点の様子です。

「瓦礫の撤去や片付けを進めることは被災者の皆さんの心の整理にもなる、そこからがスタートなのかもしれない」と結さんもイキマスさんもおっしゃっていました。

③大津町へボランティア?

dsc_1120関西から来たバルーン屋さんが大津町で被災した子供達へ向けて、バルーンプールを作成するというので、少しだけお手伝いをさせていただきました。

膨らましたバルーンの数1000個!
しかし、後2000足りず…タイムリミットで鹿児島へ帰宅しました。

熊本の被災地はまだまだ細く息の長い支援が必要です。

ただむやみやたらに支援をするわけではなく、地域のニーズを見極めたり、地域の支援団体さんなどにニーズを確かめながら支援に入ることが大事です。

10月13日(水)地域づくりラウンドテーブル@鹿屋、報告②

10月13日 13時30分〜16時15分
第一回、地域づくりラウンドテーブル
「我が町の災害への備えと連携可能な社会資源」

1、講演「災害時に試される協働による地域力」明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)
2、参加型トークセッション「大隅における災害に備えた社会資源の連携について」

2、参加型トークセッション「大隅における災害に備えた社会資源の連携について」
ファシリテーター:永山由高氏(鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab 理事長)
登壇者:明城徹也氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局長)
    岩船昌起氏(鹿児島大学地域防災教育研究センター特任教授)
    原田一世 (NPO法人フードバンクかごしま 代表理事)

dsc_0191ファシリテーターは永山氏。

フードバンクかごしまの外部アドバイザーでもあり、いつも的確なアドバイスをいただいています。

明城さんのお話を聞いて共有の時間では、参加者から
「繋がらなきゃ」ではなく「繋がりたい」と思うような地域づくりをしたい、という声が上がりました。

岩船昌起氏「鹿児島における・大隅における災害のリスクを知る」

dsc_0218

災害が起きやすい鹿児島

活発な活断層・桜島・豪雨災害など様々な災害が起きやすい。

種子島東方沖地震の想定時、大隅地域には津波は6〜7メーターが来る。地震の場合、大隅地域の津波が到達するのは40分程度だが、桜島の大噴火の時の津波到達時間は2分程度の予測がされている。

知識の獲得が大事

まず自分たちの身を守ることが大事であり、状況において逃げ方や身の回りの守り方が変わっていく、知識を得ることが大事である。

dsc_0219桜島が噴火したら…

火山災害を想定すると、3年間は桜島に戻れなくなる可能性がある。仮設住宅の準備が必要になるし、鹿屋に降灰被害があれば積もった降灰で車がスリップするして、物流がストップなどの被害が出る。そんな時は、手で物を運ぶことになる。
あらゆる想定と知識が必要になってくる。

桜島で大噴火の風向き次第で避難者になるかもしれないし、避難者を受け入れる側になるかも知れない。
鹿児島だけではなく隣県の熊本や宮崎との連携も必要。各市町村同士の連携も必要、ということをお話しいただきました。

原田一世「鹿児島でのNPOとしてどう動いたか?」

dsc_0469

熊本県庁からコンタクト

初動は熊本県庁からの要請があり、物資提供をしていた。そこから熊本県庁からの要請で、物資が足りていない市町村に物資を運んだ。

「配る」「蓄える」フードバンク

行政・企業・民間・NPO・市民がフードバンクの仕組みを利用してより豊かな地域や支え合いの仕組みを創りたい。
フードバンクを社会システムに取り入れていきたい。

dsc_0041災害時における自分たちの役割

「身の丈にあった」支援が大事。
フードバンクかごしまの場合、通常の業務は様々な人や団体を繋いでいる。緊急時でもその繋がりが活きてくる。自分たちの強みや役割が災害時に「何ができるか?」を考えることが大事。

「大隅における災害に備えた社会資源の連携について」トークセッション

dsc_0699-001災害時、指定避難所の中でも物が足りていないのに、足りていないという声が上がらず物が届いていない状態もあることや、行政間では問題なくても実際は声が上がっていないだけで困っている人たちはたくさんいるなど、被災地のリアルな状況や地域の状況から大隅における課題、これから取り組むべきことが少し見えてきましたように感じます。県と市、NPOの拠点・物資の配送ルールが全国ルールかされているところがないとのことです。

まだまだこのような場づくりや、セッションがもっともっと必要であるように感じました。
地域にどんな団体があるのか知ることと同時に、市民のベースをあげることも大事であることも講師の皆さんの話から学ばせていただきました。

次回は11月25日です。

次回はもっともっと多くの多様な方と、災害に強い地域づくりについて、できることや役割を考え、そこから繋がっていけたらいいなぁと考えています。 講師の皆様、参加者の皆様、スタッフ、皆さん本当にありがとうございました。不慣れで、不手際もありましたが、この場にいてくださった皆様に心から感謝。