6月26日フードドライブイベント案内

第2回フードバンクかごしま震災復興イベント

「被災地へ食べ物を届けよう。」

日時:6月26日(日)10:00~16:00
場所:かごしま県民交流センター 共生・協働センター会議室
内容:家庭内で余っている食料品を集めて、NPO法人セカンドハーベストジャパンを通して被災地へ食料品を届ける活動です。

今回募集する食料品
消費期限が1ヶ月以上残っている常温で保存可能な食料品

・缶詰/瓶詰 ・インスタント食品 ・レトルト食品 ・調味料 ・飲料 ・菓子類
・フリーズドライ食品 ・粉ミルク ・離乳食 ・精米された加工されていない米

注)今回は冷凍食品・青果は受付ける事ができません

フードバンクかごしまでは、送料等活動に必要な資金のカンパ金も募集しています。
ハタチ基金への賛同と募金も同時に受付けております。
東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで。
被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する期限付きの基金です。

ハタチ基金のサイトはコチラ

http://www.hatachikikin.com/

みなさまのご参加・ご協力心よりお待ちしております。

5月29日イベント報告

フードバンクかごしま震災復興イベント
「被災地へ食べ物を届けよう。」

活動報告致します。
台風接近?という天気予報の中、イベント開始時間には青空が広がり無事に開催することができました
開始時にはこんな感じでしたが・・・

なんと、最終的にはこんなに食べ物が集まりました

参加していただいた方々本当にありがとうございますこの食品1つ1つに持ってきていただいた方の想いがいっぱい詰まっている事がすごく伝わりました。フードバンク活動は食べ物を集めるだけの活動ではなく、みなさんの想いも届ける事ができる活動です。次回は6月26日に同様のイベントをします。今回参加された方も参加できなかった方も次回ご協力お願い致します

5月29日震災復興イベント案内

フードバンクかごしま震災復興イベント
「被災地へ食べ物を届けよう。」

日時
5月29日(日)10:00~16:00

場所
かごしま県民交流センター 共生・協働センター会議室

内容
家で余っている食べ物を集めて、東日本大震災の被災地へ送ります。
募集する食品賞味期限が1ヶ月以上残っている常温で保存できる食品・米(無洗米は大歓迎、玄米は不可)・インスタント食品・レトルト食品・フリーズドライ食品・缶詰/瓶詰・飲料・菓子類・粉ミルク/離乳食

この活動は食べ物だけでなくみなさんの想いも届ける事ができます。1人でも多くの人が集まり、被災地へ向けて鹿児島の力を届けましょう

ハタチ基金の募金受付けます

5月29日のフードバンクかごしま復興支援イベントでは食べものを被災地へ届けるのですが同時にハタチ基金への募金活動も行います。

ハタチ基金とは、東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで。被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、
学び、自立の機会を継続的に提供する期限付きの基金です。
ハタチ基金web

http://www.hatachikikin.com/

今、鹿児島でできる事・・・みなさまのご協力お待ちしております。

食べもの大切運動

さて、今日は家庭で食べ物を大切にするように「食べもの大切運動」をしているベターホーム協会を紹介します。

ベターホーム協会のホームページでは室内で楽しく野菜を育てて、おいしく食べるキッチン菜園の情報や食材を無駄なく使えるレシピ集
「もったいない@キッチン」
などが見れます。ぜひ一度のぞいてみてください。

九州地方の食品ロス率

先日のブログで書いてたんですが、九州地方の家庭からでる食品ロス率は4.5%です。
この数字は他地方と比べてみてもダントツに高い数字なのです。

特に食べ残しと直接廃棄が他地方よりも多いです。

食べ残し

たくさん作りすぎるのでしょうか?
それともあんまり食べないから残すのでしょうか?

直接廃棄

せっかく買ってきたのに冷蔵庫等の中で期限切れになる。
どちらも勿体無いですね。

1人1人が意識することで家庭から排出される食品ロスは減らすことができます。
これから梅雨の時期になっていき直接廃棄してしまうケースも多くなるでしょうが
今一度、冷蔵庫の中の食材をチェックし無駄を出さない様にしましょう。

5月29日「被災地に食べ物を届けよう。」

5月29日のフードバンク活動の準備が着々と進んでおりますチラシが完成し本日、鹿児島市のネイチャリング・プロジェクト内にチラシを貼らせていただきました
「被災地に食べ物を届けよう。」
29日に少しでも多くの人が参加してくれることを心よりお待ちしております明日以降随時チラシを貼るところが増えていくと思います

鹿児島の食品ロス金額

今日は少し数字のお話を
平成21年度の調査で九州の食品ロス率は全国で最低の4.5%なんです
そこで鹿児島の消費支出額と照らし合わせてみると

(食費-外食費)×食品ロス率=食品ロス金額

なんと鹿児島に住んでいる方、1家庭当たり1年間で約30000円分を食品ロスとして捨ててるんです。沖縄の食品ロス率は2.2%なのでこれを0円にするのは難しいですが

せめて半分の食品ロス金額になるといいですね。みなさん気をつけましょう。

 

協力企業募集中

フードバンクかごしまでは、
余剰食品を無償で提供してくださる食品関連企業を求めています。

※余剰食品を処分する時の必要な経費が削減できます
※企業のCSR活動の一環として取り組む事が出来ます

余剰食品の提供に関心をお持ちの食品関連企業のみなさま、フードバンクかごしまへご連絡ください。
詳しい説明を致します。

 

ボランティア募集

フードバンクかごしまでは一緒にフードバンク活動をしてくれるボランティアを募集しています。

・ 食べ物の受け取りや運んでくれるのを手伝ってくれる人
・ チラシやポスター作るのを手伝ってくれる人

5月29日かごしま県民交流センター 共生・協働センター会議室にてボランティアスタッフの募集も行いますので我こそは、という方お待ちしております。

今、鹿児島でできること。フードバンク活動を通して食べ物の大切さをみんなで考えましょう。